福神ずけ 福人ずけ 4コマ マンガ ネタ 日記 創作 漫画

ななはちブログ

イラスト、マンガ、ゲーム、アニメとか。トレンドがコロコロ変わる福人ずけの七転八倒なブログ。

【ネタバレ有】「キミにきめた!」を見ての素直な感想【劇場版ポケットモンスター】

f:id:zzzuke:20170803214020j:image

 ウヒョー!

 

劇場版ポケットモンスター「キミに決めた」、皆さんはもうご覧になりましたか?

 

見ていない方、この記事では盛大なネタバレが含まれますので直ちに「戻る」ボタンを押してください。この映画は事前情報無しの方が絶対に感情を揺さぶられます。それでも見たいという方は自己責任でどうぞ。

 

ポケモン好きの友人と2人で行ってきたわけですが、まぁ〜テンション上がりますよねこんなん。

ウヒョーってな感じですわ。ウヒョヒョ。アクア団のウシオなみにウヒョヒョな訳ですよ。

 

f:id:zzzuke:20170803214030j:image

とりあえずマーシャドーGETしますよね。(自分は海外版でプレイしてるので表記が日本語版と異なります)

 

f:id:zzzuke:20170804183906j:image

見終わった後はゲーセンでピカチュウのぬいぐるみを1クレ(100円)でゲットしました。友人が。

 

自分は500円費やしたのに遂に取ることが出来ませんでした。

チクショーとはなりましたが七転八起。

 

500円クレをやると引けるポケモン映画記念くじ引き(当たりは限定品のピカチュウトートバック)に挑んだのですが、

 

ナムコ賞」という、100円1クレが2クレになるクソハズレ賞を引き、それで更にピカチュウのクレーンキャッチングに挑んだのですが敢え無く敗れました。

七転八倒

 

普段なら完全なるチクショー案件ですが、この日ばかりはポケモン映画を見終わって満足感5000兆%に包まれていたので「ポケモンのために経済を回せたんだ。光栄な事じゃないか」と心から思えることが出来ました。

f:id:zzzuke:20170804184509j:image

更にはゲーセンで大敗を喫したのにポケモンパンを買ってしまう事案も発生。別に10%引きだから買ったわけじゃないってば!

 

シールは映画には微塵も出てこなかったカプテテフでした。

 

ゲーセンでピカ様に貢ぎまくったのにも関わらず、ピカチュウが大量にプリントされたポケモンパンに衝動的に手を伸ばす。それに幸福を感じる。

 

結論から言うと、それくらい今回のポケットモンスター劇場版「キミにきめた!」は素晴らしかったということです。

 

 とはいっても内容に触れずにはいられないので、まずは普通に見終わっての感想を述べたいと思います。

 

感想

 

う〜ん、何から話せばという感じではありますが、ストーリーとしては「思い出させに来てる」感は全体的に尋常じゃなかったです。

 

サトシのガキっぽさ、オーキド博士とのやりとり、ピカチュウとの最悪な?出会い、オニスズメとの攻防、キャタピーとの出会い、バイバイバタフリー、その他カントーポケモンがわらわら出演したり…

 

ストーリーの中で、かつてのアニポケを思い出させるシーンも数多く盛り込まれていて、思い出のフラッシュバックに殺されそうになりました。一撃一撃のダメージが重すぎる。

 

しかもBGMまでリメイクと来たもんだからウヒョヒョってな訳ですよ。鳥肌立ちまくり。ピンチのシーンには心からヴッとなったりチャンスではオッシャーヤッタレーとなったり、感情の起伏をスクリーンに完全に支配されていました。

 

ノスタルジー×大画面大音量なんて、もう一種の洗脳ですよ。もしくは催眠。ストーリーに没入させる「懐かしさ」を感じる工夫に関しては◎と言って良いのではないでしょうか。

 

強いていえば、バイバイバタフリーの、バタフリーと別れるシーンに関して。

アニポケ版のサトシのセリフでは「行けよ!」と一喝。サトシが「本当は行かせたくない。

 

トモダチとしてもっと旅を続けていたい」という感情を押し殺して恋人が出来たバタフリーを突き放すシーンは涙無しには見られないものですが、(しかも突き放したあと、寂しくなって静かに涙をこぼす)

 

今回の「キミに決めた」では確か「バタフリー、行ってもいいんだよ?」と優しく問いかけるセリフになっていたかと思います。

 

あと、泣き方も子供らしく顔を歪めて涙をぼろぼろこぼす感じでしたね。

 

個人的には、根は優しいサトシがバタフリーを突き放す発言をしてしまうところに未成熟な不器用さがあって、

 

それをバタフリーもしっかり受け止めて、サトシと別れることを惜しみながらも涙を零しながら旅立つ…(´;ω;`)

 

という構図が最早自分の中では最上位の形式美だったので、

 

「優しく問いかける」セリフに物足りなさを感じてしまいました。それはそれで良いのかもしれないですけど。

 

オニスズメのシーンとか、アニポケ版よりメチャ数が増えてて見てるこっちも危機感を感じました。「マジで?これ死ぬやん」って思いました。

 

でも、ピカチュウが電撃でオニスズメを一網打尽にした時に

 

これ、Sの努力値どんくらいはいるんやろ?レベルも10以上は上がるんちゃうか?

 

と考えてしまったことに気付いた時には、自分自身が純粋に映画を楽しめなくなっている現実に絶望しました。

 

努力値とかレベルとかどうでもええねん

 

ピカチュウカントーアイアンテール使ってることとか、 ポッチャマハイドロポンプ使ってることとか(マコトの母上のエンペルトのタマゴ技なんじゃないかと言うところまで考えてしまった)、サイドンとかニドキングエナジーボール?めざめるパワー(草)?みたいな野生では覚えられない技を放っていること(親が技マシンで覚えてて、その遺伝技か、トレーナーに覚えさせられて捨てられたのかもしれないだろ!いい加減にしろ!)まで考えてしまいました。

 

こういった話は無粋というかアレなのでこれ以上話さないようにしますね。ハイ。

 

あとは、ストーリーとして、「虹色の羽」がキーアイテムになっていて、虹色の羽はゲーム等でも出てくるアイテムなのですが「悪しき心に触れると色を失う」という設定は劇場版で初めて聞きました。

 

マーシャドーも、全く事前情報なしで行ったので、「イイヤツなのかな〜」と前半まで思って見てたら後半に完全に裏切られましたね。

 

テンセイ山で悪役と化し、しかもメッチャ強いとかで見事に裏切られて「ハ?」となり、好感度はグーンと下がりましたが、よく見たら可愛いという理由で現在3DSでポケリフレして可愛がりながら記事を書いてる次第です。

 

ストーリーの「裏切り」は以上のものとか、そこそこでした。映画を見る時に先を予想してしまうクセがあって、今回はそれが70%くらい当たってしまう感じでした。

 

テンセイ山のクロス戦にて、自分の予想では、ガオガエンに追い詰められてボロボロになったリザードリザードンに進化。力を最大限込めた「ちきゅうなげ」1発でKO。てな感じか、

 

「ちきゅうなげ」は余りにアニポケなので、ブラストバーンとか使ってサトシとの親密度をアピールしてトドメ!

 

(これによって、クロスの「強さ」への固執を「ポケモンとの友情」の表徴であるブラストバーンで打ち砕く演出が出来る)

 

とかも勝手に考えてたのですが、トドメは普通に「かえんほうしゃ」でした。馬券が外れた気分です。

 

勝手に期待して勝手に外れてるだけなので別に良いんですけどね。こういう感じの予想の外れは結構ありました。

 

あと、これは個人的な要望ですが、ソウジやマコトの過去、クロスの過去の掘り下げはもう少し見てみたかった&それに付随した「トラウマ解決ストーリー」や「伏線回収」も欲しかったです。

 

でもなんだかんだ言ってソウジのレントラーの回想は泣いちゃいました。あんなん泣きますよ。

 

バイバイバタフリーバタフリーに進化した瞬間から泣く確信がありましたが、まさかソウジで泣くとは思わなかったです。だって、ポケモンが死んじゃうんだよ…。。

カラカラ以来じゃない?ポケモンの「死」を取り上げるの。

 

マコトの母親がシロナだったらいいな〜って思います。劇中で「シロナじゃね?」って思って、後で他の人のブログとか見たら皆やっぱりそう思ってんだな〜って感じでした。

 

こうした感想を含めて、ちょっと考察。

 

まず、サトシの「夢」について。

 「ピカチュウじゃなくてゼニガメフシギダネが良かったな…」と漏らして走り去っていった後に木の下で眠ったときに見た夢です。

 

このシーンは衝撃的でした。サトシが「ピカチュウじゃなくて」とか「リザードなんて」と考えちゃう一面も新鮮。どんな人でも持ってしまう「こうだったら」「あの時ああしていれば」というIFの闇をポケモンで見ることができてウヒョって感じです。

 

これ、めちゃくちゃ気になるんですよね。

 

もしかしたら、サトシは学校や飛行機などに象徴されるように、私たちが今住んでいる「現実世界」の住人で、「ポケモンがいる世界」が夢ではないのか、という考えも抱きました。

 

そうでないと「現実世界」の世界像を想像しえないはずなので。

 

それか、マーシャドーがその「世界像」を夢で与えているとしたら、マーシャドーは私たちが住んでいる「現実世界」を何らかの形で知っている…?

そういうことになるかもしれません。

 

あとサトシの「死」

 

死んだ?あとに灰色のサトシになって花畑や草原を走りますが、あの雰囲気、どことなくDPのバクMAP「なぞのばしょ」の世界観に似ているんですよね…。

 

ホウオウは「命を与える」力もあるらしいので、逆に言うと、虹色の羽がなければサトシは帰らぬ人となっていたのかもしれません。

 

ホウオウと「命」、これには大きな繋がりがありそうですね。

 

そういえば、強いて言えば、ホウオウ戦も、もうちょい見たかったなーという気持ちもあります。

 

「強いていえば」、あんまり言うつもりなかったけどけど結構言っちゃいましたね。テヘ。これもポケモンファンとしての愛ゆえということで、許してくだサイドン

 

満足度としては、もうスーパーハイパーマスター満足です。最高でした。ピカチュウプロジェクトの皆さん、おつかれ様でした。そして、ありがとうございました。