福神ずけ 福人ずけ 4コマ マンガ ネタ 日記 創作 漫画

ななはちブログ

イラスト、マンガ、ゲーム、アニメとか。トレンドがコロコロ変わる福人ずけの七転八倒なブログ。

集英社からPS4が届きました。

 

 

 

f:id:zzzuke:20160903145553j:image

 どうも、ずけです。

 

以前「週刊少年ジャンプ」の「バトよん」というコーナーに4コマを送っていたことがあり、そこでレジェンドを頂いたということがありました。しかも二連覇。

post.shonenjump.com

 

まさか2回もレジェンドを頂けるとは思ってもいなかったので衝撃でした。

第3代目レジェンドと、第4代目レジェンドです。

第3代目レジェンドの時は、オモコロの十知乃高秀さんに自分の4コマをパロった1P漫画を描いてもらえたので凄く嬉しかった。

残念ながら第4代目の時は、後釜コーナー「スクジャン」に移行する時期と重なって、スクジャンの説明にレジェンド発表が潰されて、本誌では微塵もレジェンドについて触れられませんでしたが…。(WEBのみでの発表)

 

残念ついでで言えば、昔はこういうコーナーでレジェンド獲ると、優勝者インタビューみたいな感じでジャンプの巻末で紹介されたりしたんだけど、自分の時は無かったです。でも、贅沢言っちゃいけないよね!   

 

「有り難い」ことだと思って文字通り今回の出来事は大切にしていきたいと思います。

 

一応、レジェンドの作品については下のリンクから見れます。見なくても結構です。

 

→(レジェンド発表) 新・読者参加型エンタメページ!! バトよん!!!!

 

(今回の賞品は第3代目レジェンドの分です。P.Nは途中で変えたのでバラバラですが)

 

この知らせを受けたのが5月で、7月に届く予定でしたがてんやわんやあって、9月3日に届きました。

 

 

土曜日の朝、寝ぼけているところに賞品が届いたので、荷物を受け取った時の最初の感想は「夢か?」でした。

f:id:zzzuke:20160903173118j:plain

 

ワーイ!夢じゃなかった!!

 

よ~し!早速開けていくぞ!!!!!!!!!!!!!

 

f:id:zzzuke:20160903145821j:image

 

 箱を開けてみると大量の緩衝材(プチプチと新聞紙)。丁重感MAX!

 

f:id:zzzuke:20160903150026j:image

 

緩衝材を取り除くと… 

 

 

 

 

が入っていました。

 

f:id:zzzuke:20160903150130j:image

 

すいません、芋けんぴはさっきまで自分が食べていたものだったので違いました。

 

それではさっそく「集英社からの手紙」を開けてみます!

 

f:id:zzzuke:20160903150119j:image

 

手紙はこんな感じでした!丁重~

 

この「集英社からの手紙」は何回も読んだ後、「たいせつなものポケット」にしまいました。自転車とかホエルコじょうろとかが入っている、アレです。

 

そういえば、届く前にも色々と一悶着あったことを思い出しました。

 

遅れて賞品が届いたりとか。

賞品が届く時期が遅れることになって、更に、その遅れる時期に丁度家を開けることになっていて、ご不在連絡票が大量に届くことに。

 

賞品が1度返品状態になった時はヒヤッとしましたが良かったです。↓(拡大すると分かる)

f:id:zzzuke:20160911221519j:image

こんな感じで、通算5枚もの集英社週刊少年ジャンプ係からの不在届が届きました。

お互いに色々バッティングしちゃった結果の産物。本当にお手数かけました。

 

これ、5枚集めるとジャンプ1冊とか貰えないですかね?無理ですよね。

 

 

 

 

f:id:zzzuke:20160903150239j:image

ちなみに、3DSソフトは「僕のヒーローアカデミア  バトル・フォー・オール」でした!

 

 

 

なんか本気で申し訳ないんですが、第4代目レジェンドの分もあるので、そっちの方も首を長くして待ってようと思います。それまでは、その日暮らしながらでもいいので生きていたいと思います。

 

 

 

【!?】「ほっこりヤンキー」がレジェンドに!|ずけ│写真/イラスト/コラム|note

↑上のは4代目レジェンドを獲得したときの詳細な記事です。この記事では感情があんまり出てませんが、上の記事は結構感情が出ちゃってます。

こっちはこっちで、受賞するまでの物語があったので、めっちゃ感動しました。

 

詳しくはnoteで書いてますが、お堅い会長だった自分が、ユーモアで賞をとれるようになったというのは本当に感動ものです。まだ全然ユーモア足りてない気もしますけどね。

 

これからもちょくちょく創作続けていきます。なるべくマルチに。

 

現場からは以上です。

 

 

良かったら読者登録して下さいね。