福神ずけ 福人ずけ 4コマ マンガ ネタ 日記 創作 漫画

ななはちブログ

イラスト、マンガ、ゲーム、アニメとか。トレンドがコロコロ変わる福人ずけの七転八倒なブログ。

集英社からPS4が届きました。

 

 

 

f:id:zzzuke:20160903145553j:image

 どうも、ずけです。

 

以前「週刊少年ジャンプ」の「バトよん」というコーナーに4コマを送っていたことがあり、そこでレジェンドを頂いたということがありました。しかも二連覇。

post.shonenjump.com

 

まさか2回もレジェンドを頂けるとは思ってもいなかったので衝撃でした。

第3代目レジェンドと、第4代目レジェンドです。

第3代目レジェンドの時は、オモコロの十知乃高秀さんに自分の4コマをパロった1P漫画を描いてもらえたので凄く嬉しかった。

残念ながら第4代目の時は、後釜コーナー「スクジャン」に移行する時期と重なって、スクジャンの説明にレジェンド発表が潰されて、本誌では微塵もレジェンドについて触れられませんでしたが…。(WEBのみでの発表)

 

残念ついでで言えば、昔はこういうコーナーでレジェンド獲ると、優勝者インタビューみたいな感じでジャンプの巻末で紹介されたりしたんだけど、自分の時は無かったです。でも、贅沢言っちゃいけないよね!   

 

「有り難い」ことだと思って文字通り今回の出来事は大切にしていきたいと思います。

 

一応、レジェンドの作品については下のリンクから見れます。見なくても結構です。

 

→(レジェンド発表) 新・読者参加型エンタメページ!! バトよん!!!!

 

(今回の賞品は第3代目レジェンドの分です。P.Nは途中で変えたのでバラバラですが)

 

この知らせを受けたのが5月で、7月に届く予定でしたがてんやわんやあって、9月3日に届きました。

 

 

土曜日の朝、寝ぼけているところに賞品が届いたので、荷物を受け取った時の最初の感想は「夢か?」でした。

f:id:zzzuke:20160903173118j:plain

 

ワーイ!夢じゃなかった!!

 

よ~し!早速開けていくぞ!!!!!!!!!!!!!

 

f:id:zzzuke:20160903145821j:image

 

 箱を開けてみると大量の緩衝材(プチプチと新聞紙)。丁重感MAX!

 

f:id:zzzuke:20160903150026j:image

 

緩衝材を取り除くと… 

 

 

 

 

が入っていました。

 

f:id:zzzuke:20160903150130j:image

 

すいません、芋けんぴはさっきまで自分が食べていたものだったので違いました。

 

それではさっそく「集英社からの手紙」を開けてみます!

 

f:id:zzzuke:20160903150119j:image

 

手紙はこんな感じでした!丁重~

 

この「集英社からの手紙」は何回も読んだ後、「たいせつなものポケット」にしまいました。自転車とかホエルコじょうろとかが入っている、アレです。

 

そういえば、届く前にも色々と一悶着あったことを思い出しました。

 

遅れて賞品が届いたりとか。

賞品が届く時期が遅れることになって、更に、その遅れる時期に丁度家を開けることになっていて、ご不在連絡票が大量に届くことに。

 

賞品が1度返品状態になった時はヒヤッとしましたが良かったです。↓(拡大すると分かる)

f:id:zzzuke:20160911221519j:image

こんな感じで、通算5枚もの集英社週刊少年ジャンプ係からの不在届が届きました。

お互いに色々バッティングしちゃった結果の産物。本当にお手数かけました。

 

これ、5枚集めるとジャンプ1冊とか貰えないですかね?無理ですよね。

 

 

 

 

f:id:zzzuke:20160903150239j:image

ちなみに、3DSソフトは「僕のヒーローアカデミア  バトル・フォー・オール」でした!

 

 

 

なんか本気で申し訳ないんですが、第4代目レジェンドの分もあるので、そっちの方も首を長くして待ってようと思います。それまでは、その日暮らしながらでもいいので生きていたいと思います。

 

 

 

【!?】「ほっこりヤンキー」がレジェンドに!|ずけ│写真/イラスト/コラム|note

↑上のは4代目レジェンドを獲得したときの詳細な記事です。この記事では感情があんまり出てませんが、上の記事は結構感情が出ちゃってます。

こっちはこっちで、受賞するまでの物語があったので、めっちゃ感動しました。

 

詳しくはnoteで書いてますが、お堅い会長だった自分が、ユーモアで賞をとれるようになったというのは本当に感動ものです。まだ全然ユーモア足りてない気もしますけどね。

 

これからもちょくちょく創作続けていきます。なるべくマルチに。

 

現場からは以上です。

 

 

良かったら読者登録して下さいね。

 

ファミマで出会った「微妙にメッチャ嫌なこと」 2選

どうも、ずけです。

 

まず、次の画像をご覧下さい。f:id:zzzuke:20160802210544j:image

先程ファミマで購入した、「ミックスお好み焼」です。美味しそうですね。

 

ちなみに、家に帰ってきてから完成した僕のお好み焼きがこちらです。

f:id:zzzuke:20160802210711j:image

 

なにこれ?

f:id:zzzuke:20160802210725j:image

 

ソースかけても、なにこれ?

 

完全にパッケージの美味しそうなお好み焼きと違う気がします。なんか雑。

f:id:zzzuke:20160802211018j:image

細部を見れば猿でも丸わかりです。

完全に僕のお手製お好み焼きがbeforeのような雑さ。そして右の煌びやかなカツオが輝いて見えるのが本家。

なんということでしょう。

 

 

決して自分も雑にやろうと思ってこうなったのではありません。普段はもっと丹精こめて、丁寧にコンビニ食品を調理(青海苔とかを振りかけたりすること)をしています。

 

きっと、今回の「なにこれ?」は、

青海苔→マヨネーズ→ソース→鰹節、

という「間違った順序」の模範例みたいなミスをしたせいです。流石にアホですが、いつもはこんなミスしません。明らかに気が乱れていました。

 

気の乱れは食べる時にも。

f:id:zzzuke:20160802211502j:image

白いシャツでソース食品を食べるというギルティ切腹モノの凡ミスです。もう嫌

 

もう散々です。散々オールスターズ

この悶々をどこにぶつければいいのか。桑田佳祐さんは受け止めてくれるのだろうか。

 

おそらく、今回こんなに気が乱れていたのも、コンビニでとある「嫌」2つ遭遇していたのが原因だと考えます。

 

という訳で、ここでタイトル回収ですが、僕が今日体験した「ファミマで出会った微妙にメッチャ嫌なこと  2選」を書いていこうと思います。2選です。5選とかじゃなくて。最小の正の偶数です。この記事の内容、薄いな~

 

  • 1選目

そういえば、今週ジャンプ読んでないなと思ったわけですよ。

そしたらもう「立ち読み」の先客がいました。仕事帰りの工場っぽい服を着たメガネのお兄さんです。

あるあるですけど、立ち読みできるジャンプって1つしかなさがちですよね。

まぁ、少し時間が経てば読み終わるだろ、と思って後ろの飲み物ゾーンで飲み物を色々と見て回ること数分。そろそろ読み終わったかな~、と思ったら、まだいる。

 

もうちょいかな…?と思いながら、今度はカップラーメンを見て回ること数分。

十分くらい経ったし、そろそろ…と思ったら、まだいる!!!!

 

すると、雨が降っていたこともあって、お客さんが次々に入ってくる。

遂に、僕のみならず、第2、第3のジャンプ立ち読み予備軍と思われるお兄さんが

こちらへやってきたのです。ジャンプ立ち読み予備軍の特徴は3つ。

 

  1. コンビニに入るや否や雑誌コーナーに向かい、ジャンプがあるかチェックする。
  2. 無いとわかるや否や、近くの飲料コーナーやカップ麺コーナーで時間を潰す。
  3. 読み終わって棚に置く瞬間を見逃さないよう、しかし、狙っていることがバレないよう、絶妙なタイミングと頻度でターゲット(立ち読みしてるヤツ)に視線を移す。

 

ハゲタカのようにジャンプを狙う数人の男たちに囲まれながらも、メガネの彼はびくとも動じません。僕としても、ニセコイが最終回に近づいてめちゃくちゃいい所まで来ているので今週の進展をこの眼で確認したいところ。なんなら買ってもいい

 

しかし、メガネ(微妙にロングヘアー)は動かない。山の如し。じ~っとジャンプを見つめるだけです。

ただ、じ~っと。そう!

 

f:id:zzzuke:20160802213600j:image

 僕はとんでもない事実に気が付いてしまったのです。

(この男…読むのが滅茶苦茶に遅い!!!!!!)

普段活字慣れしてるしてないに関わらず、普通「立ち読み」をするなら

「速読」が最低限のマナーじゃないですか?立ち読み自体もまぁアレですけど。

じ~っと読むなんて、家に帰ってからの最高のお楽しみにしてください、という感じです。まるで芸術鑑賞にでもいそしんでいるかのように、

1Pをまじまじっと見つめ、深く考え込んだり、何回も見返したりしているのです。

最初は、あまり視線をやらなかったので気づきませんでしたが、もう完全に自分以外の人も気づいている様子。「コイツは…!」と。

史上最高に動かないメガネに、全員未曽有の「途方の無さ」を感じていました。

 

逆に、ここまで待たされると内容が凄く気になってきて、本当に買いたくなってきました。この購買意欲の向上たるもの、やはり凄まじく、逆にこのメガネが集英社の回し者なのではないかと感じるレベルでした。

 

とにかく、結論から言えば、全く動く気配がなかったので結局諦めることに。

30分くらい待つ、という労力を払ったのにも関わらず、

結局望みが叶えられなかったので、機会費用の多大なる浪費という観点からも嫌でした。

「メッチャ嫌」というわけじゃないけど、このレベルの「努力の報われなさ」は

「微妙にメッチャ嫌」でした。

 

  •  2選目

メガネの山のような立ち振る舞いによって精神的ダメージをうけた僕ですが、お腹の方も時間の経過とともに着実にダメージを受けていました。まごうことなき空腹です。

 

そこで、一番最初に登場したお好み焼を買って、ファミマのレンジを使って空腹を満たそうと考えました。僕が訪れたこのファミマには、飲食自由のスペースがあって、店内のものであれば、レンジやポッドを使って食べられるシステムがあり、以前から僕も度々使用してきました。

 

よっしゃ~!!一旦、机に荷物を置いて、レンジにお好み焼きを投入だ~!よっしゃ~!!美味そ~~~!!!!   と思ったその時。

 

(ガヤガヤガヤ…ギャッハハ…ウェーーーイwwwwwww)

 

大学生らしきヤンチャなグループが大勢訪れて、商品も買わずに机でギャハハプルルヘッヘッし出したのです。

 

ギャハハプルルヘッヘッ の図】

f:id:zzzuke:20160802213604j:image

 ゆっくり食べようと思ったお好み焼きをサッとカバンの中にしまい、スッとコンビニを後にしました。

 

あそこでお好み焼きを1人で食うのはキツイ!キツ過ぎる!

地獄が新しい地獄を開発している最中なのかな?と思いました。

 

僕の中では安置(安全なポジション)として呼び声高かったファミマのカフェエリアが

崩壊してしまっては行く末も無くなるというもの。

重い足取り軽い胃袋を携え、帰宅しました。

 

基本的にイライラとかはしない体質なので、別に腹が立つこともありませんでしたが、

人にとって「安全」「安心」だと思っていた場所が崩壊してしまうのは、些かショックなものなのだなぁと実感しました。安置って大事

これも、「超絶マックス最高に嫌!」という嫌さではないんですが、例によって

微妙にメッチャ嫌」な出来事でした。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

…………。いかがだったでしょうか。

メガネの山攻撃からの空腹からの安置ボッシュートという畳みかけ。

 

お好み焼きが上手くいかなかった件と、白いTシャツにソースがついた事件

家での出来事だし自分のミスなのでカウントしませんが、

「ファミマで出会った微妙にメッチャ嫌なこと」2つだけでも、割とコンビニの課題が見つかってくると思いませんか?

 

まぁ全てのコンビニに当てはまることじゃないですが、少しでも何らかの役に立てば幸いです。失敗は成功の母と信じて。

 

という訳で、現場からは以上です。

 f:id:zzzuke:20160802224051j:image

ちなみにこれが、本日の昼食でした。

だいじょばないです、栄養バランス。さようなら。

 

 

 

 

【漫画】平成トワイライト 第2話 「ジョイアンの子孫」

f:id:zzzuke:20160802121458j:image

f:id:zzzuke:20160802121504j:image

f:id:zzzuke:20160802121515j:image

f:id:zzzuke:20160802121528j:image

 

※このマンガはフィクション・またはパラレルワールドです。

 

東京都知事決まりましたね。

こちらからは以上です

 

 ↓よかったらポチッと。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

ポケモンGOを1週間楽しんでみて、「あったらいいな」を考えてみた。

ポケモンGOがリリースされてから1週間が経ちました。

 

自分も初日からダウンロードしてみて、この1週間ほぼ毎日起動してポケモンゲットだぜしていたので、大体のシステムとクオリティが分かった気がします。

 

まだガチ勢の方には遠く及ばないですが、レベルも結構上げることが出来て(現在15くらい)、ユーザーを飽きさせない目標達成の工夫をちらほらと感じました。

 

それを踏まえた上で、今後、こういう要素があったらもっとポケモンGOは面白くなるんじゃないか、ユーザーが離れないんじゃないか、とか、

 

まぁ殆どが純粋に自分の胸熱要素としての、こういう要素あったらめちゃくちゃワクワクするわ~、胸熱!!!テンション上がる~!!と思ったことを、(制作側の苦労とか技術を多少無視するかもしれないけれど)、ポケモンGOリリースから一週間経ったこのタイミングで、思いついた限りで、理由を添えながら幾つか書いていこうと思います!

 

(これはポケモンGOを過剰に持ち上げるとか、脆弱性を指摘するとかいうことではなくて、純粋に自分もゲームシステムや企画を作るのが好きな人間なので、思いついたものを書いていくだけですので宜しくお願いします~)

 

f:id:zzzuke:20160729170825j:plain

「もうこれさえあれば他の癒しは要らない」、と思えるくらいの需要があると思います。捕まえたポケモンにNNを付けられる時点で既に、「愛着を湧かせよう」という意図は感じられますが、ポケパルレみたいな「愛でられる機能」があったら完璧ですね。

 

これがあれば、いくら「ポケモンGOは歩きスマホで危険だし…」とか「地方だとポケストップ少ないし、やめよ…」みたいな風潮が蔓延してポケモンGOブームが去っても、自分自身で捕まえた「世界で一匹だけ」ポケモンが自分のスマホにいて、癒しを与えてくれる限りはポケモンGOから離れたくない!と思う人も少なくないと思います。

この「世界で一匹だけ」というのが重要で、ゲームだけでなくポケモンGOにも、同じ種族でも数値が違う、といういわゆる個体値の要素を取り入れたのは超GJだったと思います。

欲を言えば、ゲームにもっと寄り添った形で、「性格」「個性」「捕まえたボール・日・時間帯」までまとめて見られるようになると、最高に胸熱だと思いました。

 

  • パートナー機能

f:id:zzzuke:20160729172742j:plain

 これはピカチュウverとかHG・SSを思い出してもらえれば分かりやすいんですが、

主人公の後ろにパートナーポケモントコトコとついてきてくれるシステムです。

話しかけると、状況に応じて様々な反応をくれたり、HG・SSだと時々拾ってきた

アイテムをくれることがあります。これ、純粋にめっちゃ嬉しい

 

だって、自分が愛情持って育てたポケモンが、「おんがえし」にアイテムとか探してきてくれてプレゼントされるわけですよ。これ以上に最高な「御恩と奉公」の関係を僕は知りません。

アイテムをもらえるというのも、ユーザーにとってはメリットですし、それが連れ歩いている長さとか、アイテムを与えた回数とかに相関して、従来でいう「なつき度」によってアイテムがグレードアップするとかあったら、更にポケモンGOは楽しくなると思いました。

普通に「なつき度」で強くなる技(おんがえし)とかも登場したら、バトルにも普段のパートナー関係が反映されるという点において、もう本当にアニメのサトシっぽさが出て、バトルに燃えている人は更に燃えまくると思われます。

f:id:zzzuke:20160729174243j:plain

とにかく、「アイテムがもらえる」とかの物質的なメリットはさてと置いても、

ポケモンを連れ歩く」という夢が現実になったとしたら、もう「きぶんがいい」レベルではなく、HG・SSとかやりこんで「かがやくはっぱ」とか集めまくってた人は特にもうめっっちゃくっっちゃにテンション上がると思います。自分も5枚集めてトレーナーカードの色更新してましたんで分かります。

今までも、ポケウォーカーなどのアイテムが出てきましたが、今回特徴的なのはAR機能を存分に駆使しているという点で、自分が普段過ごしている日常生活の風景に「ポケモン」という非日常が合成されたからこそ、老若男女、子供からオッサンまでを問わず、ここまでポケモンGOが浸透し、感動を与えたのだと思います。

ポケウォーカーの時には社会現象にはならなかったのに、今回は社会現象になったという点から見ても、「AR機能」が僕たちに与えている「未来感」とでもいうべき衝撃は計り知れないパワーと可能性を持っているといえると思います。

SNOWというアプリに引き続き、ポケモンGOでも一大ムーブメントを起こしているAR技術で、「ポケモンを連れ歩く」が出来たら、これまたとんでもない第二のビックウェーブが起きると思います。

 

  • ゲーム転送機能

 

 

f:id:zzzuke:20160729180112j:plain

 

「あったらいいな~」候補の中で実は一番自分がワクワクしているのがこれです。

「ゲームに転送できる機能」。

サンムーンでもレートにガンガン潜ってビシバシ戦いたい人にとっては、これはマジで胸がオーバーヒートだと思います。熱すぎる。

画像は例によってポケウォーカーさんですが、これがスマホで出来たらな~という理想を今のところは完全に技術面とか考えずに、僕は勝手に期待しています。

あえて技術面のことを考えてみると、いまだかつて、DS・3DSスマホと連動してデータを送れるコンテンツは見たことが無いので、素人なりにも難しいんだなぁ、と考えています。Bluetooth3DSにも搭載できれば、スマホ→PCみたいに、もしかしたらデータ送れるのかな?とか、単純なことを考えたりしてるんですが、この先はプロの方に考えを任せることにして、無手勝流な素人論はここで終わりにしたいと思います。

 

もし、個体値とかが反映出来たり、欲を言えば、ポケモンGO限定技を覚えているポケモンとか出てきたら最高ですし、何より、実際に自分の指を使って投げたボールで捕まえたポケモンで戦えるというのが最THE高です。

 

  • 友人との対戦・交換機能

これに関しては、当初のポケモンGOのPVでもそういうシーンが出ていたり、既に実装予定との噂も出ていたり、もしかしたら一番現実味のある妄想なのかもしれません。

f:id:zzzuke:20160729182517j:plain

 

対戦は、出来れば「道端で歩いていて、目線があったら即バトル、勝ったら金を巻き上げ、負けたら金を巻き上げられる」というゲーム準拠ではなく、フレンド登録した友達同士でのみ可能、みたいな感じにした方がいいかもしれません。

f:id:zzzuke:20160729183415j:plain

交換も、実装されたらめっちゃくちゃに胸熱です!!友達とゴーリキーユンゲラー交換したい。

でも一方で懸念点を示すとすれば、さっき言った「フレンド登録」のシステムは、この一週間の流れを見てると、結構重要な気がしてきました。

個人情報の流出とか、実際に公園でゲームをしている人達が、ポケモンGOをキッカケにリアルの交流を始めるみたいなものを見ての感想です。

 

知らない人同士での対戦や交換はトラブルの原因にもなったり、出会い系の新しい形を切り開いてしまう可能性があるので、いかんせん僕にも想像できない未知のオープンスケールです。

「フレンド機能」が無いとヤバイな~と思うのは、「ポケモンGOが現実拡張ゲームだから」、です。つまりは、実際に近所に住んでいる人達と、お互い承認したフレンド以外の人でも気軽に繋がれる雰囲気を持ったツイッター的なSNSの感覚で繋がってしまうのは、何も対策していない現状のままだと割と結構危険な気がするからです。

 

でも、そういう問題点とかをクリアできれば、対戦機能や交換機能の実装は本当に革命的で、実装された瞬間、ポケモンGOユーザーのテンション水準がブチ上がると思います。純粋に楽しみ!

 

  • ジムリーダー機能

f:id:zzzuke:20160729184051j:plain

 

これはいくつか案があります。「自分自身がジムリーダーになることだ!」案

「8つのジムを倒したら、四天王的なポジションに挑める権利を獲得!」案です。

 

自分自身がジムの守護神的になれるのは、今のポケモンGOでも実装されてますが、もう何か月かジムを守り続けられたプレイヤーは「ジムバッジ」を作れる権利を持っちゃえることにしちゃって、更にアバターデザインも特別に変えられるようになる、とかしたら、これもまた純粋に超テンション上がりますね。

 

8つのジムを自分のチームに塗り替えることが出来たら、そのプレイヤーはセキエイ高原(日本でいう 八ヶ岳高原)で、スタッフが設計したAIの四天王に挑めるとかやったら、まさにゲームのポケモンといった感じで、八ヶ岳高原の地域活性化にも繋がると思います。…まあこれも完全に制作側の苦労とかを度外視した提案になりますけどね…

 

 

 

 

という訳で、今のところは以上が「あったらいいな」という自分のアイデアまとめです。既にツイッターとかで同じようなことを考えている人も沢山いると思います。

 

逆に、それだけ同じことを考えている人がいれば、製作側も同じようなことを考えている…、もしくは、こういった水面下のアイデアが製作側に届くかもしれない…、とまた勝手に妄想してみたところで、今回の記事を締めたいと思います。

 

またアイデアがあったら、追記していくかもしれません。

もし、「同感!」とか「こここうすればもっと面白くなるんじゃね?」とかあったらコメントください。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

P.S

 

これからの季節、ポケモンGOをするにも熱中症とかには気を付けてくださいね~。(^^)/

特に「かんそうはだ」の方は(^◇^)

 

 (おしまい)

 (4000字くらい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケモンGOの始め方、遊び方完全ガイド

ポケモンGOの始め方、遊び方完全ガイド

 

 

 

ポケモンGOよくわかる攻略本1: 〜SNS・まとめ動画・LINE@まで大公開!〜

ポケモンGOよくわかる攻略本1: 〜SNS・まとめ動画・LINE@まで大公開!〜

 

 

 

 

【漫画】平成トワイライト 第1話「出逢い」

 

f:id:zzzuke:20160724130808p:image

f:id:zzzuke:20160724130812p:image

f:id:zzzuke:20160724130818p:image

f:id:zzzuke:20160724130824p:image

 

 【トワイライト(英: twilight)】日の出前や日が沈む後の薄明かりのこと。

 

○あとがき

 

【速報】平成が終わった後がヤバイ 

【速報】平成が終わった後がヤバイ 

【速報】平成が終わった後がヤバイ 

【速報】平成が終わった後がヤバイ 

 

というわけで、どうも、ずけと申します。バリバリの平成生まれです。ポケモンGO超面白い。

暇なときにボチボチと創作していますが、今回1P漫画に挑戦してみようと思いまして、「平成トワイライト」という漫画を作ってみました。

トワイライト(英: twilight)】日の出前や日が沈む後の薄明かりのこと。

という意味を知っている人も少ないかと思いますが、今回平成終了しますねってことで

ドラ○もんの登場人物と世界観をベースにした世界に、平成終了後の、未来からの使者

「ほほえみマン」が来て、平成を微妙なアイロニーとユーモアを通して見る。という「設定」の漫画ですので、一応フィクションとして楽しんでいただけると幸いです。

これからもちょくちょく暇な時(ORなんか社会現象起こったとき)に更新していこうと思うのでよろしくお願いします~

 

 ↓良ければ

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

 

Amazon特別プロモーション

【ずけ漫画】2016年アナログ4コマ まとめ

f:id:zzzuke:20160724113508j:imagef:id:zzzuke:20160724114315j:imagef:id:zzzuke:20160724114322j:imagef:id:zzzuke:20160724114346j:imagef:id:zzzuke:20160724114400j:image

演劇会

f:id:zzzuke:20160724114438j:image

食べ合わせ

f:id:zzzuke:20160724114453j:image

布団の二択

f:id:zzzuke:20160724114502j:image

三文字熟語

f:id:zzzuke:20160724114513j:image

ほっこりヤンキー

f:id:zzzuke:20160724114532j:image

ヒーロー4コマシリーズ「記憶障害マン」

f:id:zzzuke:20160724114544j:imagef:id:zzzuke:20160724114711j:imagef:id:zzzuke:20160724114714j:imagef:id:zzzuke:20160724114721j:imagef:id:zzzuke:20160724114724j:imagef:id:zzzuke:20160724114727j:image

目覚め

f:id:zzzuke:20160724115558j:image

挨拶

f:id:zzzuke:20160724115600j:image

(山寺宏一さんがおはスタを卒業した時に感謝の気持ちを込めて作った4コマです)

f:id:zzzuke:20160724115603j:image

オーバーキル

f:id:zzzuke:20160724115623j:image

オーバーキル2

f:id:zzzuke:20160724115707j:image

受験

f:id:zzzuke:20160724115741j:image

大学

鏡よ鏡

f:id:zzzuke:20160724115608j:image 

うなぎのぼり

 f:id:zzzuke:20160724120028j:image

全25作   計100コマです      最後から2つめはジャンプのバト4にて掲載された記念(ヒーロー4コマ「正義の鉄槌」は3代目レジェンド   ほっこりヤンキーは4代目レジェンドを頂きました)

 

 

【バトよん リンク先まとめ】

 

第3代 第4代レジェンド 

新・読者参加型エンタメページ!! バトよん!!!!

 

第36代キング「正義の鉄槌」

http://post.shonenjump.com/prize/index.html#page-36

 

第41代 2位「思春期かよ」

http://post.shonenjump.com/prize/index.html#page-41

 

第43代キング「推し問答」

http://post.shonenjump.com/prize/index.html#page-43

 

第45代キング「鏡よ鏡」

http://post.shonenjump.com/prize/index.html#page-45

 

第46代キング「ほっこりヤンキー」

http://post.shonenjump.com/prize/index.html#page-46

 

 

 

 

 

最後のは「しずなーび」という静岡のゆるキャラのコンペ用に作った4コマです

 

 

 

 

 

いつのまにか名探偵 (ミルキー杉山のあなたも名探偵)

いつのまにか名探偵 (ミルキー杉山のあなたも名探偵)

 

 

 

 

いつのまにか

いつのまにか

 

 

良かったらクリックしてね↓

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村</a

『「ポケモンGO批判」批判』5選

「PokemonGO批判」批判を3500文字くらいにまとめてみました。

 

ポケモンGOがリリースされた。

ダウンロードの増加と感想の増加に伴い、ポケモンGOの穴を狙って突く「批判」も増えてきた。

僕はもともとポケモンが好きだけれど、だからって盲目的に贔屓するつもりはないし、

ポケモンのシステムに批判することもしばしばある。

というか、寧ろ「批判」は別に悪くないと思っている。

 

一定の批判が無ければ、コンテンツは改善されることもないし、前進しない。

100パーセントが満足して何も言われないゲームなんてのは、ゲームの終着点だ。

たぶん、その先には何も生まれない。「無」だ。

そんな大切な「批判」の役割を、ポケモンファンに身を火炎放射で焼かれる覚悟を持ってして諸所のブログやその他メディアでポケモンGOを批判してくれている方々には「ご苦労様です」と言いたい。

 

だけど、あまりにも的を得ていない批判、つまり言われる理由もない「悪口」のようなものを延々と垂れ流されるのは癪に障る。「いじっぱり」な感じで悪口を言われるてしまうのは風評被害のそれに他ならない気がします。

 

そこで、自分は自分なりに考えて、ちょっぴりひねくれた批判を、更にひねくれた批判で「カウンター」した『「ポケモンGO批判」批判』をしていこうと企画しました。

という訳で、あまり自分も悪口っぽくならないように、5つにまとめてみたので

ご覧ください。お腹が立ってきたな~と思ったら、ブラウザバックをお勧めします。

 

1.「歩きスマホが増えた!どうしてくれる!!危ないだろ!!!」

 ゲームに原因はあっても、それは個人の問題。確かに歩きスマホは危険なので、周りに十分注意を払ってポケモンGOをプレイしよう。ポケモンGOプラスを買うのも手。

熱中症のクレームなどもこれに当たります。おいしいみずをよくとりましょう。

 

2.「クソゲーwwwwwwwwwwwwwwww」

それは主観だYO!クソゲーの定義は人それぞれなんだYO!それに、他にもクソゲーいっぱいある中では大健闘な方だRO!以上!

 

 3.「地方と都会の格差が酷くて萎えるわ~!」

それは確かに。だから、地方の名所とかに伝説のポケモンとか設置したらいいんじゃないかな。ホラ、都会に伝説のポケモンとか設置すると大変なことになりますし。実際にミュウツーみたいな現象が都会で起きたら大変な交通麻痺とか、その他あらゆる問題が起きてくると思いますし。だから地方活性化のためにも、Nianticさん、ポケモン株式会社さん、任天堂さん、よろしくお願いします。

 

4.「レアなポケモンでない!!!課金しないとダメなのか!!!畜生!!卑怯だ!」

レアなポケモンが出るかどうかは「運」なので、日頃の行い次第です。頑張りましょう。

課金に関しては、ポケモンにしては…と「課金」というものに違和感を覚えてしまうけれど、結局莫大な開発資金もかかっているし、出しているのは列記とした企業(しかも大企業)でビジネスをしていることを考えたら妥当と考えてもいいと思います。他に悪質な課金システムもある中、無課金で楽しめるゲームなので、この点で責められてほしくないぁ

 

5(長め)、「ポケモンGOがリリースされ、外で遊ぶ子供が増える中、引きこもりの子供はどう思うのか。外で楽しく遊ぶ友達の姿を見て、とても悲しく思うはずだ。ゲームは全ての人が楽しめるからこそゲームなのであって、それも考えずに、現実拡張ゲームに皆が親しんできたポケモンを取り入れるのはどうなのか。ましてや、重病を患っている子供は病院の窓から、外で楽しくポケモンGOをしている子供たちを見てどう思うだろうか。鬼の所業ではないのか。」

 

まず、「皆が楽しめるゲーム」などは確実には存在しないのかもしれない。勝者がいて敗者がいるゲームが殆どだ。しかし、「楽しむな」と言っているのではなくて、寧ろ、楽しんでほしい。

 

前提からして、「楽しもう」と思ってゲームに取り組まなければ楽しめない。無気力のままゲームを始めても無気力でゲームしながら無気力のままゲームが思わるだけだし、例えば、ポケモンGOを批判している人達は少なからず「ポケモンGOを批判しよう」と思ってポケモンGOを始めた部分があるはずだ。発信できるほどの感情は、予め狙っていないとなかなか得られない。だから、「楽しめない」というのは「元々楽しもうと思っていない」という所に大きく起因しているのではないか、というのが1つだ。

 

話は逸れたが、外で遊べない引きこもりのことを言うなら「野球」はどうなんだ。「野球」は。

甲子園の中継が夏中盛り上がり、部屋の中でTVを見つめることしかできない子供を可哀想だと思うだろうか。「サッカー」は。「バスケット」が。ポケモンというジャンルは、相対的に見れば、家の中で出来る3DSなどのゲームがある時点で、部屋から出られない少年少女に寄与していると言える。批判の意見を一回飲み込んでみて、「逆に」考えてみるのはどうだろうか。いや、寧ろ「批判」の方が歪んでいるから、こっちがストレートな思惑になるのだが、

 

任天堂は、岩田社長は、「逆に」、そうした子供たちを外に出すキッカケを作るために「ポケモン」を使い、現実拡張ゲームとして世に出したのではないだろうか。「ポケモンをキッカケに、部屋にこもりがちな少年少女が外に出てくれればいいな」と思って作られた部分があると聞いた。現実拡張ゲームは、一般の人を更にアクティブに、例えば大きな旅に赴かせるエネルギーがあることとか、全然外に出ようとしない人が「ポケモンなら…」と外に出てみようとする、人を変える大きなパワーがあることを、この1日だけでも確認できた。身の回りでも、ツイッター上でも。

 

かつ、外に出られない病人の方は、自由に歩きまわれない方は、という話になるのだが、こういうことも出来るのではないだろうか、と少ない頭で考えてみた。

 

例えば、高校生で足が骨折してしまって病院で一人きり、友達と外でポケモンGOを出来ずに悲しい日々を送っている男の子がいるとしよう。

 

そうしたら、周りの友達がポケモンGOで沢山ポケモンを捕まえてきて、

「そういえば、遂に交換機能実装されたらしいぞ!」

「俺、タッツー捕まえたぜ!2匹捕まえてきたから1匹やるZ!」とか、

「お前のスマホ貸してくれれば、僕、歩き回って捕まえてくるよ!」

「ありがとう、じゃあ俺、PCでポケモンGOの情報調べとくから、良い情報あったらLINEで皆に送るよ!」

みたいなシーンが生まれるかもしれない。ともかく、1つの協力材料にもなるし、ネタになるし、少なくとも明るい方向に向かうキッカケになる。無いよりは絶対良い

 

最後に、「歩きスマホ」と同じことになるが、前提的な話で、すべてのゲームに言えることだが、特定の個人に問題が生じている、または、特定の団体がゲームに関連して問題行動を起こしたからと言って、その「ゲーム自体」に100パーセントの問題があるわけではない。その人専用のゲームじゃないのに、禁忌や不謹慎を恐れるあまりゲーム自体を潰してしまっては元も子も無い。

 

ゲームは1つ。でも、その楽しみ方は人それぞれ。各人が工夫とこだわりを持って、出来る範囲の中でポケモンGOを楽しむべき。

 

【最後に一番言いたいこと】

ここまで、つらつらと『「ポケモンGOを批判する人」批判』」をしてきました。これを書いたキッカケというのも、7月22日今日、数々流れてくるポケモンGO情報の中で「批判」が際立って目立って見えたからだ。多くの人が「ポケモンGO楽しい!」「ポケモンGO最高!」「ポケモンGOのおかげで彼女が出来ました!ありがとうございます!」など呟いている中で、「批判」というのは目立つものだ。目立つ、と感じるのは僕だけじゃないだろう。

 

だからこそ、「批判」は拡散されるし。多くの人がチェックする。それは、おそらく、「ポケモンGO、皆にどう受け止められてるんだろうな~」と気になっている製作者の方々、ポケモン関係者の方々もチェックしている。僕は、基本的に、こうした大きなプロジェクトに関わって、僕たち一般ピーポー、あるいはポケモンファンの為に身を粉にして企画を考え、優秀な頭脳と技術を駆使してゲームやコンテンツを用意してくださる方々を尊敬している。「ありがとう」と。

 

そうした人達が、多くのネットの意見を日々チェックして取り入れているのは有名な話だ。

だからこそ、僕たち自身もこうしてブログやSNSにキーワードをつけて発信することでゲームの製作に関わることが、「関わってしまう」ことができるのではないだろうか。勿論、絶対ではないが。確実にその可能性が存在している以上、こうした批判が大きな意味を持つことは否定できないだろう。

 

だからこそ、軽率な、それこそ「悪口」めいた発言は控えるべきだし、そうした評価のイメージが強くなれば製作者のモチベーションも下がってしまうし、こうした挑戦的なイノベーションな企画がこれから出てくる風潮も弱まってしまうだろう。

ただでさえ、新しいものへの風当たりが強い日本なんだから、ポケモンGOくらいは「革命的だ!!」「○○にも応用できるかも!」とドンドン前向きに捉えてもらい、日本のイノベーションを次から次へと発展させられる「ともしび(灯)」になってほしい。

 

こんなに大きな話題性になるようなパワーを持ったゲームなのだから、ソーラービームよろしく、それだけの充電期間が必要だったことかと思われる。

 

だからこそ、僕は、その充電期間ずっと、ポケモンGOリリースの日、つまり今日まで頑張ってくださった多くの方々に、このタイミングで敬意と感謝を示して、この記事を締めたいと思う。

 

ポケモンGOリリース、本当にありがとうございました。

そして、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

Amazon関連商品)

 

 

 

P.S ポケモンサンムーン、予約始まってますね。僕はサンにするつもりです。